読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・怖いくらいに青い空

アニメ・マンガ・ライトノベル考察

『氷菓』の摩耶花ちゃんが可哀想すぎて泣けてきた・・・

アニメ 古典部シリーズ

名作とは?

「長い年月、沢山の鑑賞者、そういったものに洗われ洗われして、どんどんふるいにかけられて、段々と最大公約数だけが残っていく。それを便宜的に『名作』って呼ぶの。ね? 最大公約数って言い方が気に入らないなら、『普遍性を獲得しているもの』って言い換えてもいいよ。おんなじことでしょ。
だから言うのよ、漫研で評論なんてやるのは、あたしやあんたがあれが良いだのこれが悪いだの言うのは、馬鹿げてるって。思い上がりだって。そんなことはやめて、与えられたものでけらけら笑っていればいいのよ」
(『クドリャフカの順番』、113〜114P)

ほほう要するに、この世の中で「名作」と呼ばれているものは、世間一般で広く評価されているから「名作」と呼ばれているのであって、そういった世間の評価を抜きにして「名作」かどうかを判断することなんて出来ない、と河内先輩はおっしゃるんですね。はっきり言おう。

そんなことあるわけないだろバカじゃないかこの河内とかいう女は。

はてなダイアリーを見てみろ。しょーもない内容の記事でも、それが有名ブロガーの書いた記事なら沢山はてブが付くし、スターもいっぱい付く。でも、ほとんど閲覧者のいない無名のブログなら、どんなに良いことが書かれていてもちょっとしかはてブが付かない。要するに、作品の人気なんていうのは、その作品の良し悪し以外の力関係によって決まることもあるんだよ。

アニメの世界でもそうだろうが。この世の中には、「日常系は成長が描かれてないからダメ」とか、「規則破ったのに何のお咎めも無しなのが気にくわない」とか、「いちいち挿入歌が入るのがウザい」とか、「スフィアのごり押しがウザい」とか、ホントにくだらない理由で作品をバカにする奴らがいるんだよ。*1 仮に、そういう奴らの要望をすべて聞き入れて誰からも批判されない「名作」を作ったとしよう。その作品は、誰からも批判されない代わりに、誰も感動させることなど出来ないだろう。

世間一般で評価が高いからといって、それが名作とは限らない。逆に、世間からは全然評価されてなくても、名作だと呼べる作品もあるんだよ。当たり前のことじゃないか。そもそも、この河内先輩とかいう奴の最大の罪は、

俺たちの摩耶花ちゃんをいじめ、悲しませたということだ。

この先輩がどんな考えを持っていようが関係ないが、摩耶花ちゃんをいじめたというただ一点のみにおいて軽蔑しているので、たとえどんなことがあろうと俺は河内先輩を攻撃し、摩耶花ちゃんの味方をするだろう。

漫研の陰湿さ

それにしてもこの漫画研究部っていうのは嫌な部活だなあ。摩耶花が文化祭初日にずっと暗い表情だったのは、文集の印刷ミスで責任を感じているからというより、漫研の部員達と一日中過ごすのが苦痛で仕方なかったからじゃないか、とすら思えてくる。

伊原が発注をミスして大変な事になってしまったのに、古典部は誰一人として摩耶花を責めなかった。これは古典部全員の責任でもある、どうすればこの大量の文集を売ることができるかを皆で考えよう、と言ってくれた。本当に良い奴ばかりだ。

それに対して何だあの漫研の陰湿さは。特に河内先輩を囲む取り巻きども。自分では何も企画しない癖に当日になってから部の方針を批判し、摩耶花の陰口を叩き、挙句の果てには摩耶花に水をぶっかける。そんな横暴に対して、摩耶花の周りの友人や部長は何もできずにいる。ああ、摩耶花が不憫過ぎて泣けてきた・・・。

そんな酷いことされても漫研をやめない摩耶花は、純粋に漫画が好きなのか、それとも、こんな漫研でも友人関係という名の「しがらみ」があるのか。いや、一番の理由はある種の「世間体」ってやつなんだろう。クラスメイトや古典部員からは常に「摩耶花=漫研」というイメージで見られているわけだし、そんな中でやめるという事は、これまで築いてきた自己のイメージを崩す行為に等しい。自分も途中で部活をやめた経験があるから分かるけど、一旦入った部活から出て行くっていうのは結構大変なことだ。

それでも摩耶花は、漫研に居てはいけないと思う。高校生が睡眠薬飲まないと眠れない状態になるって、どんだけ追い詰められてんだよ。文化祭1日目に漫研の部室に入る時も、摩耶花は一旦立ち止まって深呼吸してから入っていた。気持ちを落ち着かせて身構えていなきゃ部室に入れないくらい、摩耶花にとって漫研は居づらい空間という事だ。このままじゃ、俺たちの摩耶花ちゃんが倒れてしまう・・・。

ここからは原作小説のネタバレになるが、摩耶花は2年進級と同時に漫研をやめたようだ。結局、文化祭の後も摩耶花に対するいじめは止まず、散々思い悩んだ挙句に、最後は部員の顔を見るのすら辛いくらいまで追い込まれてやめたわけだ。畜生、俺達の摩耶花ちゃんをこんな目に遭わせやがって! いずれにせよ、千反田さんの言っていたとおり、摩耶花は漫研をやめて正解だった。

*1:要するに、「やらおん」が取り上げるような低俗でくだらない批判には耳を貸す必要はないという事です。