読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・怖いくらいに青い空

アニメ・マンガ・ライトノベル考察

熊本県の石橋を見てきたったwww(その1)

昨年から今年にかけて、数回に分けて、熊本県内の石橋を撮影してきた。

熊本市の石橋

f:id:kyuusyuuzinn:20130302130856j:plain

f:id:kyuusyuuzinn:20101002160842j:plain

f:id:kyuusyuuzinn:20101010145112j:plain

一番上が大井手橋アスファルトで舗装されているが、未だに現役で使われている。

真ん中が中松尾橋。市内の別の場所にかかっていた橋を、公園内に移築したもの。

一番下が明八橋。明治8年に完成。すぐ上流には明十橋もある。

市街地の真ん中に現存している石橋は、長崎の眼鏡橋、東京の日本橋など、ごくわずかしかなく、どれも大変貴重なもの。

玉名市の石橋

f:id:kyuusyuuzinn:20120708072714j:plain

f:id:kyuusyuuzinn:20120708072949j:plain

玉名市の中心部、江戸時代の運河にかかる高瀬眼鏡橋(写真上)。

そのすぐ下流には、別の場所から移築されてきた秋丸眼鏡橋(写真下)もある。

宇土市の石橋

f:id:kyuusyuuzinn:20130302093801j:plain

宇土市の中心部にかかる船場橋。赤みがかった石で造られたアーチが特徴的。

大津町の石橋

f:id:kyuusyuuzinn:20120923151134j:plain

f:id:kyuusyuuzinn:20120923151334j:plain

f:id:kyuusyuuzinn:20121216123732j:plain

上から、光尊寺橋、松古閑橋、大願寺橋。いずれも江戸時代に造られた用水路の上にかかっている。この他にも名前の分からない石橋が多数。

(その2につづく)