読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・怖いくらいに青い空

アニメ・マンガ・ライトノベル考察

『お前ら全員めんどくさい!』第1巻から第5巻までの一宮さん萌えポイントまとめ

【】内は巻数とページ、☆は可愛さレベル1、★は可愛さレベル10を表します。

  • 教員室に入り浸ってゲーム→「友達ができるまで 先生 友達になってください」【1巻、6-10】☆
  • 四六時中先生に付きまとう一宮さん【1巻、11-17】☆☆
  • 栗原さんの発言を聞いて不機嫌になる一宮さん→「私だっ…て…先生のこと…好きっ…だもん…!」【1巻、33-35】☆☆☆☆☆
  • 栗原さんに嫉妬し、彼女が先生のために作ってきた弁当を食べる一宮さん【1巻、53-54】☆
  • クッソかわいい寝顔【1巻、58-61】☆☆
  • 栗原「一宮さんだって先生とイチャイチャしたいとか思うでしょ?」→一宮「はァ?」(赤面)【1巻、76-77】☆☆☆
  • 榎本に嫉妬し不機嫌になる一宮さん【1巻、97-100】☆☆
  • 先生と手を繋ごうとする一宮さん【1巻、120-121】☆
  • 体育をサボって先生に会いに来る一宮「先生の…そういう…たまに優しいとこ…ずるい…」【1巻、126-129】★
  • 慰められて笑顔になる一宮「……チョロ」「そんなだからつけこまれるんですよ」→唐突なキス!→「つけこんで…みた?」【1巻、130-132】★★☆☆☆☆☆
  • 調理実習で三角巾を着用【1巻、137-139】☆
  • サンドイッチの出来を先生に褒められちょっと照れてる顔【1巻、142-143】☆☆
  • 先日のキスを思い出しメッチャ動揺する一宮さん【1巻、148-150】☆☆☆☆☆
  • 「もしかして本気にしてました?」→先生の背中に寄りかかって照れる【1巻、153-155】★★
  • プールでスク水白衣姿【2巻、43-45】★
  • 栗原を助けた一宮「こっちは友達とは思ってませんけどね」(赤面)【2巻、51-52】☆☆☆
  • 補習中プリントの端で手紙を書く一宮→「なんであやまるんですか大体アレは私がしたくてしたんだから先生には」まで書いて赤面【2巻、73-76】★★★★★
  • 榎本「一宮さんこそ先生が好きなんじゃないですか!?」→一宮「は…はあ!?」(赤面)【2巻、80】★
  • 先生と雨宿り中に珍しく白衣と眼鏡を外す一宮さん【2巻、84-85】★★
  • 私服&白衣な一宮さん【2巻、96】☆☆
  • 先生の部屋に看病に来た一宮さん達→寝ぼけた先生に抱きつかれ動揺【2巻、150-153】★★★
  • 家に帰った後も動揺が治まらない一宮さん【3巻、13-15】★★★
  • 次の日学校で先生に会いまた動揺【3巻、17-18】★★★★★
  • 「そんな事なかったですよ」ととぼける→自分の行動を振り返ってまた赤面【3巻、27-30】★★★★★
  • 帰省先でスイカを食べる一宮さん【3巻、57-58】☆☆☆☆☆
  • 拗ねて教員室に入ろうとしない一宮「…別に 何もないです」【3巻、130-132】
  • 先生から頭ナデナデされて子犬のように喜ぶ一宮【3巻、134-138】★★★★★★★★★★
  • 栗原が先生に抱きつく→「先生に触らないでください」【3巻、140-143】★★★
  • 栗原に対抗心を燃やす一宮「私 先生のこと 好きですから」【4巻、7-10】★★★★★
  • 先生「お前のは…その そういうんじゃないって…分かってるから 変な誤解とかしてないから…安心しろ」→一宮さん号泣【4巻、14-19】★★★★★★★★★★
  • 涙を拭いた後強がる一宮「泣いてません 見間違いじゃないですか」【4巻、21-22】★★★★★
  • 榎本「本当はやっぱり先生のこと好きなんじゃないですか?」→一宮さん無言のまま赤面【4巻、26-27】★★★★★★★
  • 先生と二人三脚をすることになった一宮→体操服&白衣姿→先生と密着して赤面→バランス崩して転倒→さらに赤面【4巻、41-44】★★★★★★★★★★★★★★★
  • 榎本姉妹に対抗心を燃やす一宮→白衣脱ぐ→「ホラ!練習しますよ!!」【4巻、50-52】★★
  • 慣れない運動をして疲れがたまってる一宮さん【4巻、56-60】★★★★★
  • 体育の後、貴重なお着替えシーン【4巻、63】☆☆☆☆☆
  • 先生から心配されて照れる一宮【4巻、65】★★★
  • 保健室で寝込む一宮「私は先生と一緒に1位になりたい」「わ…私だって すごいなって 先生に…言われたい…」【4巻、70-71】★★★★★
  • 胸元がはだけていることに気付き赤面【4巻、72-73】★★★★★★★☆☆☆☆☆
  • 体育祭本番、先生と一緒に楽しそうに走る一宮さん【4巻、76-82】★★★★★★★★
  • みんなとカラオケに行き恥ずかしがりながらも熱唱→店員が入ってきて演奏中断【5巻、40-42】★★★★★★★★★★
  • チャイナドレス姿【5巻、48-51】★★☆☆☆☆☆
  • 恥ずかしがりながら「あのっ! き…今日は…その…ありがとう…ございました」【5巻、54-56】★★★★★★★★★★
  • チャイナドレス姿の写メを先生に見られて動揺する一宮さん【5巻、64-67】★★★★★★★★★★★★★★★
  • 写メを消す消さないの押し問答→「…だって 似合う…って 言われたし…」【5巻、73-74】★★★★★★★★★★
  • 爆笑する先生→一宮「好きな人に自分の写真を持っててほしいって思うのは おかしなことですか」→先生「おかし…く ないです」→一宮「分かればいんですよ…分かれば」【5巻、76-78】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  • 先生と二人で文化祭の買い出し→街中で手を繋ごうとして先生に怒られる一宮【5巻、88-89】★★★★★
  • 買い出し中に先生の優しさに触れ照れる一宮「優しくされたと勘違いするからやめてください」【5巻、92-96】★★★★★★★★★★
  • 一宮「私ってめんどくさいですかね…」→先生「ま…まあ俺個人としては お前のコト イヤではない…かな…」→照れる一宮【5巻、104-105】★★★★★★★★★★
  • 先生が証明写真を撮ろうとするところに割り込む一宮さん【5巻、106-109】★★★★★★★★★★★★★★★
  • 先生が他の生徒に優しくしているのを見て落ち込む一宮さん(ベンチの上で体育座り)【5巻、125-128】★★★★★★★★★★★★★★★
  • ついに先生に告白!「私 国彦先生のことが好きです」【5巻、130】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  • 「ちゃんと聞いてください!」「私は先生のこと ちゃんと 好きです」【5巻、131-132】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  • 何か言おうとする先生を制止する一宮さん「ほ…ほ…本気にしました? あ…あいかわらずチョロいですね」【5巻、135-136】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

……と、まあ、こんな感じで、一宮カズミさんの可愛さのハイパーインフレがとどまる所を知らない勢いなので、さっさと『お前ら全員めんどくさい!』アニメ化しろ!って思います。