読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・怖いくらいに青い空

アニメ・マンガ・ライトノベル考察

『響け! ユーフォニアム』第2期第1話の久美子が素晴らしかったという話

アニメ 響けユーフォニアム

響け! ユーフォニアム』第2期、始まりましたね。夏紀先輩は相変わらず大天使だったし、すぐに泣き出す晴香先輩は死ぬほど可愛かったし、みぞれ先輩はもう言葉に出来ないくらい尊かったですね。でも、そんな描写が全部吹き飛ぶくらい、久美子さんが凄いことになってたので、今日はそれについて話そうと思います。

まあ皆もう分かってると思いますが、みどりちゃんや葉月と一緒にいる時の久美子って、ぶっちゃげ猫かぶってますよね。部活や学校などで外にいる時の久美子は、基本的にこの「猫かぶりモード」になってるんですよ。麗奈も言っていたように、良い子ちゃんの皮をかぶって本心はほとんど表に出さないようにしてる。

予想外のトラブルなどがあってテンパってる時でも、本心を曝け出すことはありません。アニメ第1期では、顧問が変わったことによって起こった部内の対立や軋轢の中で、久美子が散々振り回されていく様子が描かれてました。「振り回されモード」で平常心を失ってる状態でも、まだ化けの皮は剥がれません。第1期12話で「強くなりたい」と言ってた時の久美子も、基本的にこのモードに含まれると思います。

ようやく本心が見えてくるのは、家の中で家族と話す時ですね。ムスーッとした無愛想な表情で、終始すごくダルそうに低いテンションで話すのが、「無愛想モード」です。実は、家族だけでなく、秀一と話す時もこのモードになってます。

そして、第4のモードである「小悪魔モード」は、麗奈といる時にしか見ることはできません。大好きな子にちょっかいかけて悪戯したい的な、久美子の性格の悪さが滲み出てる感じですね。

f:id:kyuusyuuzinn:20161009044809p:plain

第2期第1話は、この4つのモードの切り替えが本当に素晴らしかった。駅で皆と一緒にいる時はずっと「猫かぶりモード」だったのに、麗奈と2人きりになった瞬間にもう「小悪魔モード」に切り替わってて、その後家に帰ったら一気に「無愛想モード」全開になるという、この切り替えの描写が何度見ても面白いんですね。

これほどまでに性格がコロコロ切り替わるキャラクターは、近年ではうまるちゃんくらいしか居ないんじゃないでしょうか。いやー、もうずっと爆笑でした。