読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・怖いくらいに青い空

アニメ・マンガ・ライトノベル考察

『百合百景』の素晴らしさ

アニメイトなどに行くと、最近やたらと百合短編集みたいのが目立ちます。pixivやtwitterで百合イラスト描いてるイラストレーターの人が単行本を出したり、ある特定のテーマに絞って複数人が共同で描いていたり。そういう作品を手に取って読んでみたりはするんですが、ほとんどの場合は期待外れに終わります。

それは何故なのか。やはり百合というものは、2人の関係性というものを丁寧に描かないと駄目なのだと思うんですよね。短編集だと各話ごとのページ数の都合もあるので、そのあたりがどうしてもテキトーになってしまう。というわけで、百合短編集というジャンルは私の中で、非常に地雷の多いものだという認識になってしまいました。

しかし、今回紹介する『百合百景』は、久しぶりに「当たり」だったというか、自分の中でドストライクな作品でしたね。本作に収録されている作品は全て1ページから3ページほどしかない超短編で、2人の関係性とかぶっちゃげよく分からないです。そこはもう完全に読者の想像にお任せという感じで、あとはもうひたすら萌えるシチュエーションを描いただけの作品です。

百合百景<百合百景> (MFC)

百合百景<百合百景> (MFC)

まさに「逆転の発想」ですね。イラストは舞台も季節感もバラバラで、登場人物も女子高生がメインですが教師や社会人となってるものもあります。まあ、pixivやtwitterで描かれた絵を本にまとめただけと言ってしまえばそれまでなんですが、こういう形の短編集もアリなんじゃないかと思いました。しかも、本編全てカラーになっているのもありがたいですね。

また、次から次へと萌えるシチュエーションを考え出せる作者のセンスにも非凡なものがあります。ここは百合シチュエーションのデパートかと言わんばかりの勢いで、恐る恐る相手と触れ合ってる感じの百合、ナチュラルに距離が近い百合、一方がもう一方を攻め立ててる百合など、実に多彩で見ていて飽きません。まさにタイトルに偽りなしです。

話は超短いのですが、各キャラにちゃんとセリフもありますし、性格等の違いもあるので、単なるイラスト本とは明確に異なります。カップルそれぞれが、それぞれに掛け替えのない物語を持っているのだということが、はっきりと感じられます。

久しぶりに良いものを見たという気持ちになりました。