読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・怖いくらいに青い空

アニメ・マンガ・ライトノベル考察

『Aチャンネル』第6巻感想―るんとトオルとの関係性の変化

ああ~、前髪切りすぎたユタカかわいすぎる。一方、髪型ディスってると言いがかりつけてブチ切れるミポリンには正直ドン引きですが、そこがまた可愛い! でもねえ…この怒り方は尋常じゃないですよ…。過去に一体何があったのか? ミポリンの抱える深い闇を垣…

今月の『Aチャンネル』が素晴らしかったという話(ネタバレ注意)

まんがタイムきららキャラット8月号の『Aチャンネル』が良かったです。今回のお話はトオルが手紙で告白されてそれを断るという、まあよくあると言えばよくある話なんですが、「へ~、それを『Aチャンネル』でやるんだ~」と驚きました。しかも、日常系4コマ…

『Aチャンネル』第3巻―繊細なトオルンの心理を見事に表現していて素晴らしい

バットで頭を打ったるん。それを見たユー子、いつもバットを持ち歩いてるトオルンがるんを殴ったと勘違い。「てめえ! 俺のトオルンに何しやがるんだ、ゴルァ!」という読者諸兄の声が聞こえてくるようだ。で、何も悪くないのに叱られたトオルンは・・・。ト…

登場人物を分類するための一般的手法の提唱―『けいおん!』と『Aチャンネル』を例に

『けいおん!』の登場人物の分類 かいん氏が書いた『2つの萌え概念と「けいおん!」の批評性』という記事は、はてなダイアリー界隈で一時期話題になった「独律説」*1が初めて言及されている記事である。この説自体は上記記事を読んでもらうこととして、ここで…

『Aチャンネル』と『けいおん!』の比較―るんとトオルとの微妙な距離感

『Aチャンネル』と『けいおん!』は、出版社が同じということもあり、今後いろいろと比較されると思う。両作品の共通点として、主要登場人物の相関が「複数の先輩と、一人の後輩」という形になっていることが挙げられる。しかし、『けいおん!』ではキャラクタ…