新・怖いくらいに青い空

アニメ・マンガ・ライトノベル考察

『スーパーカブ』と地理学

国土地理院のサイトで日野春駅周辺を見てみる(標高350-600m付近で色が変わるように調整済)。

f:id:kyuusyuuzinn:20210901130317j:plain

小熊ちゃんの家は日野春駅(図右上)のすぐ近くの公営住宅という設定で、そこから2キロほど離れたところにある高校(図左下。作中では高校となってるが実際のその場所には中学校がある。)に通っている。

日野春駅の標高が約600mで、そこから蛇行する道を下って図中央にある橋のところで標高約500mとなる。高低差約100メートル! 実際に現地にも行ってみて分かったが、女子高生が毎日自転車で上り下りできるような坂ではない。というか、学校だけに限らず、コメリやスーパーマーケットなども全て図左下の低地の方にあるので、原付か車が無ければ相当不便な生活を強いられる場所である。スーパーカブを手に入れて見える景色が一変するというのは、何ら大げさな表現でなく、リアリティのある感覚であるということが分かる。

では何故こんな高低差があるのかというと、それは川によって山地が削られたからである。少し範囲を広げた地図を見てみよう。

f:id:kyuusyuuzinn:20210901130318j:plain

釜無川と塩川が山地を削り、山地が舌状に突き出した形状になっている。その舌の付け根あたりに日野春駅があるというわけである。釜無川と塩川は下流で合流し甲府盆地へと至る。そのさらに下流笛吹川などと合流し富士川となる。富士川は身延へと繋がる。『スーパーカブ』と『ゆるキャン△』の舞台は川で繋がっていたのである。

作中で出てきたコメリとかがあるのは国道20号沿いである。国道20号とは要するに昔の甲州街道である。人口が多いのは当然この甲州街道沿いなわけだが、ではどうして日野春駅(要するに中央本線)はそこから離れた山地を通るのだろう。

それは、鉄道が坂道に弱いということが関係していると思われる。中央本線は図上側へと延び、諏訪・松本へ向けてどんどん登って行かなければならない。そんな時に、川沿いの低地を悠長に走っていたら、いずれ山地にぶつかって先に進めなくなるのだ。だから、釜無川と塩川に挟まれた山地を使って徐々に徐々に高度を稼ぎながら進むしかないのである。

『ウマ娘 シンデレラグレイ』感想

次にくるマンガ大賞で2位となった実力は伊達ではない。主人公・オグリキャップだけでなく、全てのウマ娘たちが、まさに命がけで死闘を繰り広げる。これぞスポーツ漫画の醍醐味。だが、それにも増して、このコロナ禍だからこそ光るテーマ性がこの漫画にはある。

オグリキャップは、地方競馬で圧倒的な実力を発揮し、中央へ転進する。しかし、最も歴史のあるクラシック競走に出場するためには、その前年にクラシック登録というものをしなければならなず、その規則のためにオグリキャップ日本ダービーへの出走を逃す。この描写は今日のコロナ禍におけるアスリートの置かれた状況と似たものがあると感じずにはいられない。

これは確か為末大さんが言っていた事と思うが、オリンピックに出場するアスリートが一番恐れているのは、「世界一」を決める場という五輪の性質が失われる事だという。多くのアスリートにとっては、自身が負ける事や、無観客での開催になることは、最重要の事柄ではない。しかし、コロナ禍のために十分に練習が出来ない国が生じたり、そもそもコロナのせいで五輪に参加できない選手が出てきたりすることは死活問題になる。何故ならば、アスリートにとっては、一流の選手が全員そろって公平な条件下で勝負をする、ということが何より重要だからだ。そういう環境が整わない状況でたとえ金メダルを取ったとしても、それは真の王者とは言えない、と考えるのがアスリートなのである。

本作は、己の肉体と技術を極限まで鍛え上げるというだけでなく、本人の努力ではどうすることもできない高い壁と対峙せざるを得ない、というアスリートの本質をよく体現している。だかこれは、コロナ禍が始まる前からずっと変わらないことだとも思う。

マイケル・サンデルが著書の中で取り上げたケーシー・マーティン裁判というものがある。プロゴルファーであるケーシー・マーティンは先天性の障害があり長距離を歩行することができない。そのため、プレー中にカートを使用する事を認めてほしいと訴えたが、ゴルフ協会はそれに反対し裁判にもなった。結局マーティンは裁判で勝利したが、判事の意見は割れた。判事の一人はこう述べた。「そもそもあらゆるスポーツのルールは恣意的に決められるものであり、何が公正か等を判断することなど出来ない。与えられたルールに則って戦うというのがスポーツの本質である」。

だが、これは本当か。スポーツのルールには、著しく公平性を欠いてはならない、選手や審判や観客の安全が確保されなければならない、といった大前提があるものの、それさえ守っていればあとはどんなルールでも良いのか。いや、それはちょっと違うだろう、とサンデルは述べる。例えば、野球のDH制。投手に代わって打撃専門の選手が打席に立てば、打線の繋がりが良くなって試合がよりエキサイティングになる。また、守備が苦手な選手でもDHによる出場機会が与えられる。つまり、スポーツのルールは、観客がより面白いと感じるものでなければならない、という側面を持つ。その競技をより面白くエキサイティングなものにするために、ルールは日々更新されていくものである。

本作は、競馬という競技に限らない、スポーツにおけるルールというものの本質を実によく描き出している。

『かぐや様は告らせたい』―最近の伊井野ミコがヤバすぎる

遅ればせながら『かぐや様』を22巻まで読んだのですが、いやもう、これ、スゲーわ・・・。

伊井野ミコがどんどん魅力的なキャラになっていってるのよ!

初登場時の伊井野ミコって、融通が利かない真面目一辺倒って感じの子で、良くも悪くもステレオタイプな風紀委員という役付けだったのよね。

ところが、ヒーリングボイスとか、大食いとか、登場回数が増えるにつれて、どんどん化けの皮が剥がれていく。さらに、藤原書記への依存度も日に日に増していき、コイツ実はヤバいやつなんじゃね?ってなっていく。

その勢いはクリスマスパーティでの骨折事件で一気に加速。怪我で片手が使えないことを利用して石上に身の回りの世話をさせるなど、もうやりたい放題。さらに、石上への恋心を自覚するとほぼ同時期に、タオルケット依存症、闇ポエム、般若心経など、激ヤバメンヘラ設定が目白押しとなる。

そして、般若心経と同じ回なんですが、ついにミコと会長との関係性にも急展開が生じます。

もしかして私のタイプって白銀先輩なのかもしれませんよ どうします?
もちろん冗談です 私……会長と四宮先輩が付き合ってるの気づいてますから
(『かぐや様は告らせたい』第19巻、190話より)

気づいてたんか~い! ていうかちょっと待って、ミコちゃん、会長をからかうようなキャラじゃなかったよな・・・。だが、ここから伊井野ミコの会長イジりはどんどん加速する。

……先輩はそうやって何人の女の子を泣かせてきたんですか?
私にもこんなに優しくしちゃって……本命チョコは会長にあげますね
(『かぐや様は告らせたい』第20巻、194話より)

極めつけが21巻206話、石上がつばめ先輩に振られ、そのことを内心で喜んでしまったミコは自己嫌悪に陥ります。何か出来ることはないかと白銀が声をかけると、なんと「私を抱きしめてください」と。もうヤバすぎる展開。焦る白銀。するとミコは笑いながら、

先輩の慌ててる顔見たら ちょっと元気出ました
(『かぐや様は告らせたい』第21巻、206話より)

ってもう、完全に白銀をからかって遊んでるんですよね。そしてその後も、

先輩だったらいつでもハグして来ていいですよ
お互い変な気起こしたら その時は一緒に地獄へ堕ちましょうね
あーあ… 先輩が女の子だったら良かったのに
そしたらいっぱいイチャイチャ出来たのにな
(『かぐや様は告らせたい』第21巻、206話より)

ひぇ~~~~~~!!! 怖えよ!!! なんなの、この女!?

第22巻でもヤバさ全開。

先輩も大人な私にどんどん甘えてくれて構いませんよ?
私は子供扱いも頭なでられるのも好きなタイプなので
いつか先輩からのなで返しを期待しています
(『かぐや様は告らせたい』第22巻、213話より)

とか言いながら、会長の頭ナデナデしています。

一体何なんだ。この豹変ぶりは。ミコちゃん、いつの間にこんな強キャラになった?

でも、これが、伊井野ミコが生徒会に入って大きく成長したということの何よりの証拠じゃないでしょうか。

中学時代の辛い経験もあって人前でスピーチする事すらできなかったミコちゃんが、白銀会長の協力もあってトラウマを克服した。でもその時点ではまだ生徒会役員としても人間としても全然会長の足元にも及ばないヒヨっ子だった。

そんなミコちゃんが、会長や他のメンバーとフランクに会話できるようになり。いや、それだけじゃない。仕草、話術、度胸、人間力、全てのレベルが格段に上昇していて、白銀会長をからかい弄んで遊んでいる。あのかぐや様と恋愛頭脳戦をやってきた百戦錬磨の会長が、本気でタジタジとなり狼狽えている。

この様子を見るだけでもう涙が出てきそうになる。

ああ、伊井野ミコ、成長したなぁ・・・。間違いなく、生徒会メンバーの中で一番成長したのは伊井野ミコだと断言できる。

ここからさらに物語が進んだら、伊井野ミコは一体どうなるんだろう。本当に末恐ろしい子だ。

正直、かぐやと御行がカップルとなり、あとは最終回に向けてソフトランディングしていくだけと思っていた。しかし、ここに来てキャラクターの新たな一面が開花し、物語は想像もつかない方向へと進もうとしている。見事としか言いようがないです。

『ラブライブ!』と地理学

無限に見続けられる地図を買ってしまった。

この地図を見てるだけで1日が終わってしまいそうな勢いで、何時間見ていても飽きない。

地図を見て気づいた点は山ほどあるが、特に印象的だったのが、台地と低地の境目に、やたらと神社やお寺が多いということである。

どうしてそういうことが起こるのか、考えられる理由の一つ目として水が考えられる。台地のへりには大地に降った雨水が集まってくるので湧き水などが出やすい。水は清浄さの象徴であり、生命の源でもあると考えられてきたので、そういう場所に宗教施設が作られやすいというのは理解できる。

二つ目の理由として、台地のへりは見晴らしが良いという点が挙げられる。昔は高いビルなどが無かったので尚更だっただろう。神社や寺はその地域の中心となるものであるから、一等地に建てたいという心理も分かる。

ところで、そうした台地のへりに立つ神社の典型例が、秋葉原からすぐのところにある神田明神である。東京23区というのは凄くざっくり言うと、西側が武蔵野台地という高台になっており、東側が低地となっている。秋葉原付近には、その台地が舌状に飛び出した地形がみられる。

下記は国土地理院のHP(https://maps.gsi.go.jp/)で自作した等高線図だが、色が青から黄色・オレンジになるにつれて高度が高くなっていることを示す。地図の右下付近にあるのが秋葉原駅。中央付近に赤丸で囲ってあるのが神田明神である。

f:id:kyuusyuuzinn:20210710200327j:plain

完璧に武蔵野台地のへりにある事が見て取れる。ラブライブで何度も登場したあの階段(正式には明神男坂という)は、低地と武蔵野台地との境目だったのだ。

これはもう、武蔵野台地がμ'sを育てた、と言っても過言ではないだろう。

朝香果林という女

アニメ版ニジガク、二周すると朝香果林の良さが分かってくる。

序盤は、エマといっしょに同好会の復活に向けて動き回る3年生として登場。普段は冷たくて少し怖いイメージすらある果林だが、第3話でかすみんから強奪したコッペパンをちゃっかりエマに分けてあげるなど、エマに対しては優しい一面を見せる。

そして第5話でついに本性を見せる。果林の部屋(意外と散らかってるのがまた良い)でスクールアイドルが載った雑誌を見つけたエマ(雑誌見られて顔赤くしてる果林さん可愛いすぎ)。エマが一緒にスクールアイドルやろうと誘うが、

「無いわよ、興味なんて全然」
「私、読者モデルの仕事もあるし、スクールアイドルやってる暇なんてないの」

いつも手伝ってくれてたから興味あるのかと思ってた、みたいなことをエマが言ったら、

「頑張ってるエマを応援したいと思っただけよ」
「そんな風に思われるならもう止めておくわ」
「もう誘わないで」

うわあ…

こいつ…めんどくせぇ…

振り返ってみれば、ラブライブの3年生は皆めんどくさかった。その中でも一二を争う面倒臭い女が朝香果林なのである。せっかく果林のこと思って誘ってきてくれてるのに、こんなふうに意固地になって反論してくるの、もうヤバいよね…。

そしていよいよ第9話。フェスへの参加が決まった同好会だったが、時間の都合で出られるのは1人だけとなる。周りに遠慮してなかなか誰が出るか決められない部員達。そんな中、果林一人だけが、対立を恐れることなく発言する。

その後、ダンススクールに向かおうとして重度の方向音痴ぶりを発揮する果林さん。そう。ラブライブの3年生はめんどくさい上にポンコツでもあるという伝統がここでも踏襲されている。

で、結局フェスには果林が出場することになるのだが、プレッシャーに押しつぶされそうになった果林さんは本番直前で楽屋から消え、心配してやってきた他メンバーに「ビビってるだけよ」と言い放つ。

果林さん…。あんだけ啖呵切っといて、本番前にこれはカッコ悪いよ…。

でも、その弱さが、人間らしい。

朝香果林は、クールで大人びた自分を演じ続けている人なのだ。いつも冷静沈着でカッコいい自分を演じ続けなければならないという強迫観念。上級生で読者モデルもやってるというプライド。皆の期待を一身に背負い、何としてでもライブを成功させなければという思い。そうしたプレッシャーで心折れそうになった果林は、はじめて他の部員の前で弱さを見せる。

そうして自分の弱さを曝け出し、大切な仲間の存在を意識することで、果林はようやく、なりたかった自分へと近づくのである。そこには、「在りのままでいい」なんて綺麗事は存在しない。勇気を出して一歩を踏み出せば、どんな自分にでもなれる。それこそがシリーズ全体を貫く大きなテーマ。

メインで活躍した回が2回(第5話と第9話)くらいしかないのに、この内面の掘り下げ方は凄くないか? 本作では侑ちゃんはずっと聖人君子だったし、かすみんは最初から最後までウザかったけど、それが一種の個性として機能していた。ところが、果林の場合は、とても一言で言い表せない、深みのあるキャラクターとして描かれていたように思う。

2期でどういう描かれ方をするのか、今から楽しみでならないですね。