新・怖いくらいに青い空

アニメ・マンガ・ライトノベル考察

『よふかしのうた』感想

よふかしのうた(1) (少年サンデーコミックス)作者:コトヤマ発売日: 2019/11/18メディア: Kindle版14歳の少年・夜守コウはとある出来事がきっかけで不眠症になり、ある日、夜の町に一人飛び出した。そこで出会った怪しげな吸血鬼・七草ナズナが、コウを夜…

たとえ言葉が刺さらなくても―『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章』感想

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編 (宝島社文庫)作者:武田 綾乃発売日: 2019/04/17メディア: 文庫響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編 (宝島社文庫)作者:武田 綾乃発売日: 2019/06/22メディア: 文庫…

『シャーマンキング』再アニメ化によせて

SHAMAN KING(1) (マガジンエッジKC)作者:武井 宏之発売日: 2020/06/17メディア: コミックシャーマンキング。決して完璧な作品というわけではない。物語の後半は、他のジャンプ系バトル漫画の多くがそうであるように、展開は遅く、グダグダ感が否めない。唐突…

『放課後ていぼう日誌』の熊本弁

今期アニメはもう『放課後ていぼう日誌』が放送延期になった時点で『かぐや様』の独り勝ちである事が確定したが、いよいよ7月から放送再会という事で今から心待ちにしている。まず何より、制服を着たまま釣りを楽しむキャラクター達の可愛らしさが素晴らしい…

『BNA ビー・エヌ・エー』オープニング映像の生物学的モチーフ

Netflix先行配信中のアニメ『BNA』ノンクレジットOP&EDムービー公開 | ニコニコニュース アニメのオープニングは監督や制作会社の特色がよく現れるポイントだが、『BNA』のオープニングも実に中島かずき、TRIGGERらしいモチーフで満ちている。イントロの最…

花子くんが可愛すぎて生きるのがつらい―『地縛少年花子くん』原作ネタバレあり感想

泣かせたい、この笑顔。もう可愛すぎるでしょ、花子くん。普段は飄々としていて助手の八尋寧々ちゃんを苛めて遊んでいるドSな花子くんですが、たまに見せてくる人間味溢れる表情がもう可愛すぎて生きるのがつらい。特にこの泣き顔、怯えた表情。もう最高であ…

『行進子犬に恋文を』は百合漫画版『陸軍幼年学校よもやま物語』である

もう、尊さの塊みたいな作品なので、百合好きの人は絶対に読んでほしい。行進子犬に恋文を(1) (百合姫コミックス)作者:玉崎 たま発売日: 2018/06/18メディア: コミック突然だが、国が発展する上で必要不可欠なものとは何か。それは、お国のために汗水たらし…

『継母の連れ子が元カノだった』第3巻感想

継母の連れ子が元カノだった3 幼馴染みはやめておけ (角川スニーカー文庫)作者:紙城 境介発売日: 2019/12/01メディア: 文庫誤解を恐れずに言えばこの手の作品は奇抜な設定をバーンと掲げて一発ギャグ的に出て消えていくような作品だと思う。にもかかわらず、…

『すべての人類を破壊する。それらは再生できない。』感想

西部劇はアメリカ人の心の原風景を描き出す。『オトナ帝国の逆襲』は、大人が抱く60年代へのノスタルジーとそこからの決別を描く。『すべての人類を破壊する。それらは再生できない。』は1990年代後半の空気感を描き、見る者に強烈な懐かしさを抱かせる。す…

『巴里マカロンの謎』感想

巴里マカロンの謎 (創元推理文庫)作者:米澤 穂信出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2020/01/30メディア: 文庫さて、〈小市民〉シリーズとして実に11年ぶりの新刊にして、初の短編集である。忘れかけている細かい設定なども思い出しながら読み進めていった…

『恋する小惑星』聖地巡礼

休みの日に地図を片手に飛び地探索するイノ先輩、ガチ勢すぎてもう最高すぎるでしょ。 pic.twitter.com/BipxK8GUgN— 九州人 (@kyuusyuuzinn) 2020年1月17日そうか~。イノ先輩、飛び地ガチ勢だったんか~。はぁ~素晴らしい。早速、何人かが場所を特定してい…

『劇場版 メイドインアビス 深き魂の黎明』感想

昨日、劇場版『ハイスクール・フリート』を観た後に続けて『メイドインアビス 深き魂の黎明』を観たのだが、もうね…本当にね…きついっす…。『となりのトトロ』は『火垂るの墓』と同時上映だったと言われているが、それに匹敵する落差である。本編が始まる前…

『がっこうぐらし!』、堂々完結

がっこうぐらし! 12 (まんがタイムKR フォワードコミックス)作者:原作/海法紀光[ニトロプラス] 作画/千葉サドル出版社/メーカー: 芳文社発売日: 2020/01/10メディア: コミックゾンビ映画の伝統を踏襲しつつも、それを超えるテーマ性が付加された見事なエンデ…

アニメ『映像研には手を出すな!』第1話感想

『映像研には手を出すな!』第1話観た。素晴らしい以外の感想が出てこない。何よりも素晴しいのは、ここ数年で最高と言っても過言じゃない背景描写だろう。『映像研には手を出すな!』の建物や背景が素晴らしいと思えるのは、そこに「高低差」があるからである…

話数単位で選ぶ、2010年代TVアニメ10選

まずは、話数単位10選の企画を立ち上げ10年にわたって続けてこられたブログ「新米小僧の見習日記」さんに感謝申し上げたい。お疲れ様でした。 話数単位で選ぶ、TVアニメ10選: 新米小僧の見習日記 私も、この企画に2012年から参加させていただき、毎年この季…

日本の新幹線が海外で売れない理由

新幹線で設定されているカーブが小さすぎて高速走行ができない →高速走行の実績がない ⇒売れない*1新幹線で設定されているカーブが小さすぎて高速走行ができない →それでも何とか高速走行しようとして車体を軽量化する →事故や脱線のリスクが大きい ⇒売れな…

話数単位で選ぶ、2019年TVアニメ10選

今年もこの季節がやってきました。例年通り、ブログ新米小僧の見習日記に則り、 ・2019年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。 ・1作品につき上限1話。 ・順位は付けない。 というルールで今年観たベスト10話を選出します。…

2010年代TVアニメ各年ベスト

2010年代TVアニメ年別ベストという企画があったので、参加してみる。 参考記事:’10年代のTVアニメ各年ベストを決めよう - highland's diary 参考記事:2010年代のTVアニメ/海外アニメ/アニメ映画の年別ベスト - 名馬であれば馬のうち 参考記事:2010年代の…

『星合の空』の御杖さんが可愛すぎる件

『星合の空』。今期アニメの中ではダントツで素晴らしい。物語は、志城南中の男子ソフトテニス部の部長・新城柊真と、転校生・桂木眞己が再会するところから始まる。柊真の必死の勧誘もあり部に入部した眞己は、巧みな戦略によって部員達のやる気を引き出し…

エクセルのRAND関数で遊んでみた

【条件1】 普通のコイントス エクセルのRAND関数は、0以上1未満の乱数を出力する関数である。エクセルのセルA2からA101に =RAND() と記入すると、下図のように0から1までの数値がランダムに表示される。次に、セルB2からB101に、 =IF(A2 と入れる(A2のとこ…

『グランベルム』のアンナという強烈なキャラクターについて

日笠陽子。『けいおん!』の秋山澪役でブレークし、その後も天草シノ(生徒会役員共)、篠ノ之箒(インフィニット・ストラトス)、遊佐恵美(はたらく魔王さま)、八神コウ(NEW GAME!)など、印象的なキャラクターを演じ続けてきた。もうすでにベテランの域…

『女子高生の無駄づかい』聖地巡礼

今からスゴいこと言っていい? pic.twitter.com/LYeTLD3qj1— 九州人 (@kyuusyuuzinn) 2019年8月17日ヤマイのストーンヘンジ pic.twitter.com/9f0PpTEcAb— 九州人 (@kyuusyuuzinn) 2019年8月17日『女子無駄』ホント最高ですねえ。今期のアニメでは『荒ぶる季…

『かぐや様は告らせたい』第15巻と『弱キャラ友崎くん』について

かぐや様は告らせたい?天才たちの恋愛頭脳戦? 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)作者: 赤坂アカ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2019/07/19メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る『かぐや様は告らせたい』第15巻、いわゆる「氷のかぐや様」編で…

『安達としまむら』第7&8巻感想

安達としまむら7 (電撃文庫)作者: 入間人間,のん出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2016/11/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る安達としまむら8 (電撃文庫)作者: 入間人間,のん出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2019/05/10メディア: 文庫こ…

『放課後ていぼう日誌』感想

ここ数年、女の子と大自然やアウトドア系趣味を組み合わせた漫画がブームである。そういった漫画が『のんのんびより』を皮切りに、『ヤマノススメ』『ろんぐらいだぁす!』『ゆるキャン△』と次々にアニメ化されているが、そこに今度『放課後ていぼう日誌』が…

『それでも歩は寄せてくる』第1巻感想

それでも歩は寄せてくる(1) (KCデラックス)作者: 山本崇一朗出版社/メーカー: 講談社発売日: 2019/07/04メディア: コミックこの商品を含むブログを見るもう大っっっ好き…。うるしパイセンかわいいよ~、うるしパイセ~ン…。もう何なの?この可愛い生き物。う…

最近読んだ本まとめ(6)―『オーダーメイド殺人クラブ』『14歳からの哲学入門』『植物たちの戦争』

オーダーメイド殺人クラブ オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)作者: 辻村深月出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/05/20メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見るこれは我々一人ひとりの物語でもあり、少年Aの物語でもある。我々は一歩間違えれ…

『ささやくように恋を唄う』第1巻感想

かげぬい(艦これの陽炎と不知火の百合カップリング)は、この世で最も尊いものの一つである。そんなかげぬいというジャンルにおいて、私の知る限り最も尊い同人誌(例えば、『不知火は甘え方が分からない』)を書かれているのが、竹嶋えくという作家である…

『疑似ハーレム』感想

疑似ハーレム (1) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)作者: 斉藤ゆう出版社/メーカー: 小学館発売日: 2019/03/12メディア: コミックこの商品を含むブログを見るこれは萌える。圧倒的に萌える。演劇部に所属する七倉凛は、同じ部の先輩で「ハーレム…

『継母の連れ子が元カノだった』感想

継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない (角川スニーカー文庫)作者: 紙城境介出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2019/01/01メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る継母の連れ子が元カノだった2 たとえ恋人じゃなくた…