新・怖いくらいに青い空

アニメ・マンガ・ライトノベル考察

『グランベルム』のアンナという強烈なキャラクターについて

日笠陽子。『けいおん!』の秋山澪役でブレークし、その後も天草シノ(生徒会役員共)、篠ノ之箒インフィニット・ストラトス)、遊佐恵美(はたらく魔王さま)、八神コウ(NEW GAME!)など、印象的なキャラクターを演じ続けてきた。もうすでにベテランの域に達しつつある彼女のキャリアに、また一つ、視聴者に強烈な印象を残したキャラクターが加わることとなった。

アンナ・フーゴ。魔術師の名門・フーゴ家に生まれ、幼い頃から立派な魔術師になる事を夢見てきた。しかし、彼女には魔術師としての才能は無く、彼女の母親も新月・エルネスタを養子にして家を継がせようとしていた。新月への嫉妬で怒り狂ったアンナは、魔術師達の戦い・グランベルムで執拗に新月への攻撃を繰り返すようになる。

物語の前半は、新月に粘着するアンナの姿がこれでもかと描かれる。とにかくこの粘着の仕方がハンパなくて、毎回、エルネスタああああああ!!!!!とか叫びながら、鬼の形相で攻撃を仕掛けてくるので、視聴者の誰もが「コイツ、ヤベえ奴や…」と思ったであろうし、それが一周回って最早ギャグの域にまで達していた。

f:id:kyuusyuuzinn:20190916055419j:plain

見てるだけならギャグでも、粘着される方からしたらたまったもんじゃない。アンナはまるで天災のように理不尽に襲い掛かり、暴れる猛獣のように制御不能だった。より分かりやすく例えるなら、高速で煽り運転してくるDQNみたいなものである。よくもまあこんなヤバいキャラクターを考え出したもんだと感心したが、これはまだほんの序の口でしかなかったのである。

第6話、自分の才能の無さに打ちのめされ、母親や新月から「魔術師以外の道で幸せになってほしい」と諭されたアンナ。一度は笑顔で新月を見送り、これで一件落着かと思いきや…

ED後のCパート、アンナは母親を襲撃、フーゴ家に伝わる魔石を盗み出し、「これでエルネスタに勝てる」とでも言わんばかりの凄まじい形相で不気味に笑っていました。

f:id:kyuusyuuzinn:20190916055440j:plain

で、ですよね~……。あれだけ新月に粘着してた奴がそう簡単に改心するわけないわ…。次回予告のナレーションでも「エルネスタを困らせたい、自分を嫌というほど意識させたい。それは全てを懸けたストーキングという名のライフワーク」とか散々な言われようで、もはや公式も完全にギャグとして描いてんじゃねえか!という感じになってきました。

そして第7話の最終決戦。新月にボコボコにされて降参する素振りを見せ、相手が油断した瞬間に反撃開始という卑怯極まりない戦いで新月を追い詰めていくアンナ。

f:id:kyuusyuuzinn:20190916055502j:plain

「アドレナリイイイイイン!」「ドーパ、ミイイイン!!!」「エンドルフィイイイイイイン!!!!!!」

って、もはや何言ってるか全然分かんねえよwwwwwwwwww

こうして新月を追い詰め、最後の一撃を加えようとするアンナの顔は、心の底から喜びで満ち足りて、恍惚とした表情をしていました。

f:id:kyuusyuuzinn:20190916055525j:plain

しかし、新月とアンナの間には決して埋まることのない才能の差が、歴然と存在していたのです。結局、新月に反撃を食らったアンナは、断末魔の叫び声とともに消え去っていきました…。

f:id:kyuusyuuzinn:20190916055535j:plain

そこには、アニメでありがちな、ハートフルで穏やかなエンディングなど一片たりとも存在しない。結局アンナは、最後の最後まで改心などすることなく、新月を恨み、妬み、嫉妬と憎悪に身を焦がしたまま消えていきました。この強烈なキャラクターを描き切ったアニメスタッフ、そして日笠陽子さんの名演に、最大級の賞賛を送りたい。

これは本当に凄い描写だ…。この話を振り返る時、私は、どうすればアンナは救われたのだろうと考える。

確かに、アンナの置かれた境遇には同情できる余地がたくさんある。すぐそばに圧倒的な才能を持った新月がいて、新月ばかりが周りから期待され、嫉妬で気がおかしくなってしまうのも分かる。それでも、アンナの周りの人達はアンナを救おうとしていた。その人達から差し伸べられた手を振りほどき、闇に堕ちていったのは、他ならぬアンナ自身の意思だ。

人は、不幸な状況に陥ったとしても、誰かしらが救いの手を差し伸べてくれる。けれども、その手を振り払ってしまったら、もう誰もその人を救えない。そういう人を救うことはとても難しい。

これは現実の社会でもあらゆるところで垣間見える現象ではないだろうか。「自分は病気ではない」と言って頑なに治療を拒む患者たち。「生活保護を貰うのは恥だ」と言って本来されるべきはずの支援を断る人達。

我々の社会は、こういう人達を救うことができない。『グランベルム』という作品は、このどうしようもない現実を我々に突きつけてくる。

『女子高生の無駄づかい』聖地巡礼

『女子無駄』ホント最高ですねえ。今期のアニメでは『荒ぶる季節の乙女どもよ』と同じかそれ以上に面白いです。

まず何よりギャグが最高に笑える。もちろん、あんまりハマらない微妙なものもあるにはあるんだけど、全体通して打率は非常に高いです。この作品のギャグというのはとにかく色んなタイプがあって、例えば、田中(バカ)はただひたすらバカで意味不明な言動が、赤﨑千夏さんの名演と相まって最高に笑える。オタやマジメについては、自意識過剰気味であるがゆえの自我の空転が描かれる。ヤマイやマジョについては、ただただ痛々しい言動がもう爆笑です。こういうふうに人によってギャグの構造が全然違っているので、いつ見ても飽きない面白みがある。

あと、キャラクターや風景の端にでてくるシュールな光景の数々。例えば、会話劇の背後にある意味不明な落書きとか、キャラがしゃべってるその隣でロボが電子工作してるのとか。それについて作中でいちいち説明されないのがまた良い味出してて素晴らしいです。

そして何より、作品の芯となるのは田中(バカ)の強烈なキャラクターと、赤﨑千夏さんの最高の演技。もうね、本当にね、殴りたくなるくらいウザい女子高生の役やらせたら赤﨑千夏の右に出る者は居ないですわ。

最も印象に残ってるシーンは、電車の中でバカとリリイが会うのと、ヤマイとバカがトイレに行くシーン。絶妙に汚らしい音を立てて指を舐めた後、それを服で拭く! トイレで手を洗ったあとスカートで拭く! このガサツさよ。これをアニメで表現できるのは本当に凄い。

『かぐや様は告らせたい』第15巻と『弱キャラ友崎くん』について

かぐや様は告らせたい』第15巻、いわゆる「氷のかぐや様」編である。

読んでいて涙が出た。

四宮かぐやは元々氷だったのではない。

多くの人から何度も何度も傷つけられて、かぐやの心は氷になったのだ。

この作品はこれまでずっと、誰かの小さな行動が他の誰かを絶望から救い出すことを描いてきた。世界がそのようになっているのならば、逆のこともまた起こり得る。これは、かぐやという少女に向けられた誰かの感情が、どうしようもなくかぐやを傷つけていく過程…。

彼女がもし、藤原みたいにIQ3の、良い意味でバカな奴だったら、嫌な事があってもその日だけ泣いて後はきれいさっぱり忘れてしまうことだって出来たかもしれない。でも、かぐやは、どこまでいっても真面目で、誠実で、誰かを傷付けたくないと真摯に願っていたからこそ、誰かを傷つけたり誰かから傷つけられたりするたびに、その傷はまるで酒瓶の底に溜まった澱のように、心の奥に蓄積し続けて、かぐやは心を閉ざしてしまう。

私達が第1巻の頃から見てきたのは、自分を変えようと努力するかぐやの姿だったのだ。そこには聡明で狡猾な四宮家の令嬢としてのかぐやも、御行のことが大好きで仕方がない乙女なかぐやもいる。でもその根底には、誰かを傷つけてしまう自分が嫌いで仕方なくて、自分を変えようと必死にもがき苦しむかぐやがいたのだ。

それは御行もまた同じである。最愛の人から見捨てられて、自分を変えなければ自分は誰からも愛されることはないと思い詰めた御行は、学校の成績に固執し、まさに「命を削る」と形容しても過言ではない壮絶な努力を繰り返して、かぐやと対等であろうとする。

自分を変えなければという思いに囚われ、そのために努力するなかで疲れ果て、心折れそうになっているのが、今のかぐやと御行なのである。では、彼らを救い出す方法があるとすればそれは何なのだろう。「あるがままの自分を肯定してくれる人がいれば救われる」なんていう月並みで単純な解決策など、本作には一切存在しない。御行が無理に無理を重ねて成績1位となり、かぐやもまた自分を変えて御行に歩み寄ろうとしたからこそ、2人の今の関係がある。それは疑いようのない事実である。今さらそれらを全て否定して素の自分でいるなんてことは出来ないのである。

彼らを本当の意味で救うのは、「半分」なのである。それは「中庸」と言い換えてもいいかもしれない。自分を変えようとしなければ何も始まらない、でも、無理をして自分を偽るのは苦しいだけでは? あるがままの自分を肯定して生きたい、でも、それって同じ過ちを繰り返すことにならないか? 自分を変えることに疲れたからといってその努力を全部やめてしまうのではなく、疲れたなら少し休む、そういう選択があってもいいのではないか。そのことに、かぐやと御行はようやく気付いたのだ。

結局人は0か100という極端な選択の中で生活しているのではなく、その中間の立ち位置で何とか折り合いをつけて生きることしかできない。その当たり前の事実を当たり前に描くことが、令和時代の物語の一つの潮流になるのかもしれない。

実は『かぐや様』第15巻と同じようなテーマを扱った作品として『弱キャラ友崎くん』がすでにある。それについても記しておかなければならない。

主人公・友崎はゲームオタクの陰キャで学校には友達もいなかったのだが、日南という女子生徒から指南を受け、服装や話し方を徹底的に変えていく。そうすることで友達も増え、少しずつリア充的な高校生活を送れるようになった友崎であったが、日南の指導方針への反発などもあって師弟関係を解消し、素の自分でいようと誓う。趣味が同じ女子生徒と休日に会い、何の気兼ねもなく楽しく会話することができて友崎は安堵する。しかし、トイレの鏡に映った自分の姿を見て、友崎は思った。

俺は今日は自然体で、素の自分で行くつもりだったから、特に服も考えずに着たし、髪に関しても、特にワックスを使ったりはしなかった。だから、ろくに鏡も見ずに、素のまま、ありのままの自分として、外に出た。着飾ることもある種の『スキル』のような気がしたし、それをするのは自分を偽っているようにも感じたからだ。
そしてその結果、鏡に写った自分の姿は。
気持ち悪いゲームオタク、だった。
背筋は曲がり、口角はだらりと下がっていて、しかも清潔感のない、決しておしゃれとはいえない服に身を包み、どこかうつろな目で自分を見つめる俺の姿は――
自分で自分に、嫌悪感があった。
(中略)
その自分の表情は、姿勢は。力なく、どこかうつろで幼く、端的に言って気持ち悪かった。
(『弱キャラ友崎くん』、第3巻、312~313ページ)

これこそが「中庸」の真髄なのである。ここに作者が言おうとしていることのエッセンスが詰まっている。日南と出会ってから友崎は良い方向に変わった、でも、日南のやり方がすべて正しいとは限らない。無理して着飾りすぎるのは苦しい、でも、完全に素の自分でいるのも駄目。

人は、変われない。でも、人は、変わることができる。矛盾しているように聞こえるが、結局、人とはそういうものなのだ。我々は、素の自分とか着飾ってるとか、変わる変わらないとか、そういう単純な0か100かの世界で生きているわけではない。そういう事実をこの2作品は描いている。

ところで、『弱キャラ友崎くん』のヒロインである日南は依然として、0か100かの世界で、完璧な自分を演じようと努力しているように見える。その姿はまさに以前の御行会長のようだ。部活にせよ、勉強にせよ、友人関係にせよ、あらゆることに全力で取り組み、普通の人ならとっくにぶっ倒れててもおかしくない尋常ならざる努力を続けているのが日南葵である。そして驚くべきことに、彼女がそこまでして自分を偽ろうとしている明確な理由が、今もなお読者には分からないのだ。物語はこれから、その謎を解き明かす方向に進んでいくだろう。

関連記事:『弱キャラ友崎くん』と定性・観察の科学 - 新・怖いくらいに青い空

『安達としまむら』第7&8巻感想

安達としまむら7 (電撃文庫)

安達としまむら7 (電撃文庫)

安達としまむら8 (電撃文庫)

安達としまむら8 (電撃文庫)

美しい…。ただただ、美しい…。

過去・現在・未来、夢と現実、いくつかの平行世界が交差する幻想的な文章が紡ぎ出していくのは、安達と島村が出会い、愛を深め合っていくことは必然だったということ。たとえ世界を何度繰り返しても、2人は必ずどこかで出会い、惹かれ合う、そういう「運命」だったのだということ。

島村の夢に出てくるのは、かつての自分。何に対しても一生懸命で、学校や部活や親に対して常に苛立っていた、「真っ当に思春期していた」自分。そうした生活の果てに、島村は疲れ果て、燃え尽き、今のような「ゆるふわ」な自分になった。同じことを〈古典部〉シリーズでは「長い休日」に入ると言い、『かぐや様は告らせたい』では「目を閉じた」と表現している。安達もまた、島村と同じような道を辿ったに違いない。2人は同じように燃え尽きて、何かに打ち込むことや努力することに意味を見出せなくなる「長い休日」に入り、そして、あの日、体育館で出会う。

科学的に考えれば、全ての出来事は偶然の産物に過ぎない。我々の遺伝子は、行動の大まかな方向性や傾向性を規定することができるが、行動の結果や私たちの選択そのものについては一切何も教えてはくれない。人の行動は、環境や遺伝子による縛りを受けながらも、予測不可能な偶然に支配されている。それでも人は、人生を変えるような偶然に遭遇した時、それを「運命」だと感じる。

遺伝子は環境に対して、プログラムされた反応を示さなければならない。そうしなければ、どんな形も維持されないからだ。しかし遺伝子はまた、予測できない偶然がくっつくだけの十分な余地も残していなければならない。われわれはこの交差を「運命」と呼び、それに対する私たちの反応を「選択」と呼ぶ。
(『遺伝子 親密なる人類史 下巻』、198ページ)

あの日、安達と島村が出会った瞬間、そうなることが最初から決まっていたのだという物語が生まれ、それ以外の世界が考えられないほどに強固な運命となったのだ。世界は偶然の積み重ね、それでも、2人の出会いを運命だと信じられる、この二重性。

安達と島村が出会うことが運命だったというならば、2人がこれからもずっと一緒に生きていくということもまた運命であるに違いない。第8巻まで読んで、読者の多くがそう確信しただろう。

2人のこれからの人生に幸多からんことを。

『放課後ていぼう日誌』感想

ここ数年、女の子と大自然やアウトドア系趣味を組み合わせた漫画がブームである。そういった漫画が『のんのんびより』を皮切りに、『ヤマノススメ』『ろんぐらいだぁす!』『ゆるキャン△』と次々にアニメ化されているが、そこに今度『放課後ていぼう日誌』が加わることとなる。(TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト

高校入学前に父親の実家のある海沿いの町*1に引っ越してきた鶴木陽渚は、なりゆきで堤防部に入部させられ、そこで旧友の帆高夏海と再会。最初は魚も怖くて触れないレベルだった陽渚だが、部での様々な経験を通じて次第に釣りの魅力にハマっていく。

作品の概要だけ見れば『ヤマノススメ』とそっくりである。主人公の名前が陽渚(ひな)なのでややこしいのだが、陽渚が雪村あおいに相当するキャラであり、夏海は倉上ひなたに相当する。なので、広くとらえれば『ヤマノススメ』や『ゆるキャン△』のフォロワー的な作品であるのだが、それでも、『放課後ていぼう日誌』第1巻を読んだ途端に何故か『ヤマノススメ』『ゆるキャン△』などとはまた別の魅力を感じたのである。

では、『放課後ていぼう日誌』に特有の魅力とは何なのか。それは、登場人物が見せる良い意味での「芋っぽさ」にあるのだと思う。よくよく考えてみれば、『のんのんびより』とか『ゆるキャン△』とかは、キャラクターが皆オシャレである。服装とかも田舎っぽくなくて洗練されている感じがする。

一方、『放課後ていぼう日誌』で釣りをする時は基本的に制服である。もしくは、体育で使う芋ジャージである。だが、それが良いのである! そうそう、こういうのでいいんだよ、こういうので。

化粧っ気のない女の子が、子どものように夢中で釣りを楽しむ姿。それを通して描かれる海の美しさ、釣りの楽しさ、命の尊さ。これは間違いなくアニメ映えする作品だろう。

個人的に一番好きな回は、第3巻で陽渚が夏海の家を訪れる回。学校では見ることのできないメガネ姿の夏海。それを陽渚に見られて顔を赤くしているのがもう普段とのギャップで最高である。夏海というキャラクターを記号的で分かりやすい快活なキャラとして描くのではなく、繊細な心の機微をしっかり描いているのが本当に素晴らしい。

*1:作中に出てくる「芦方町」という地名からも分かる通り、この町のモデルは明らかに熊本県の芦北町である。