読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・怖いくらいに青い空

アニメ・マンガ・ライトノベル考察

もう豊洲でいいじゃん。早く移転しようよ。

科学技術と社会

小池都知事が就任してから連日大騒ぎになってる築地市場豊洲移転問題ですが、これについて私の感じることは、

心の底からメンドくせーよ! もうさっさと移転してしまえよ!

という一言に尽きます。いや、これは別に長谷川豊のマネしたくて言ってるわけじゃなくて、割とマジでこう思ってるんですよね。先日、橋下徹さんが出てる番組で、移転賛成派と反対派が議論してるのがあったんだけど、反対派の言ってることがもうムチャクチャで「なんだこれ?」って思っちゃったんだよねぇ。

反対派は「地下水からヒ素が出た!」とか「大気中にベンゼンがあった!」とか大騒ぎしてるけど、いや、それ、基準値内だから! そんな風に賛成派が反論すると、「数値は絶対じゃない」とか「そもそもあの地下空間があることが問題」とか言い出して、挙句の果てには「信用できない人が出してきた数字は信用できない」だって(でも「基準値を超えたベンゼンが検出された」っていう昨日の報道を聞いたら、金科玉条のごとく数字を持ち出して来るんでしょう、どうせ)。何千億円もかけて土壌を入れ替え、最新の安全設備を整え、地下水管理システムまで作って、それでもまだ危険だ!危険だ!って言うんですよ。

もう何なんだろうなあ。この人たちの言い分を全部聞いてたら、何百兆円かけたって「安全」な市場なんて作れないですよ。豊洲は諦めて別の場所を考えるしかないでしょう。というか、反対派の言ってる「安全」な場所って、この地球上に存在するんですかね? だって、ベンゼンとかヒ素の量がゼロじゃないと駄目なんでしょ。新しい場所を見つけるのは難しいと思うなあ。で、そうやってる間、市場関係者はずーーーーーっと今の市場で待たされるわけです。老朽化して下水も雨水も漏れまくりの「危険」な築地で!

移転延期を決めた知事の判断自体は間違ってないと思うんですよね。念には念を入れてしっかり調査した上で、っていう考え方は大事だと思うので。でも「いいぞよくやった!もっとやれ!」って無責任に囃し立てるのは、いい加減やめた方がいいと思う。というか、小池知事の言うことだから賛成っていう奴いっぱいいるだろ。もし鳥越が知事だったら、みんな「あのじじい余計なことしやがって」って言ってたんじゃないか?

移転延期または中止という判断を下すのが英断なら、「反対派の意見は参考程度に聞きつつ移転を強行する」と決めるのも英断だと思います。私は、皆が納得するなら移転取り止めでも全然構わないと思うんですよ。でも、そうするためには、追加で何千億円というお金が必要だし、本当に必要かどうかも確かではない安全対策に莫大なお金が使われるくらいなら、もうさっさと豊洲に移転しちゃった方がはるかに良いんじゃないの?って私は思います。

アニメ『クオリディア・コード』総評

アニメ クオリディア・コード

作画

戦いに貢献できない「無能」は人間扱いすらされない、まるでブラック企業のような近未来を描いた本作。そのアニメ制作の現場もまた、常に作画崩壊気味で疲弊しきってるブラック企業だったというのは、実に笑えない冗談ですね。

作画が崩れすぎてほとんど抽象画みたいになってる戦闘シーン、素人目に見ても不自然さが際立つ止め絵の連発、出てくるたびに変わっているキャラクターの顔。一番びっくりしたのは、第10話の食堂のシーンで、人物だけでなく食器類も作画が崩れまくりで、なんかもう弥生土器みたいな感じになってて、逆にシュールで笑ってしまいました。

僕はこのブログでも作画についてはほとんど言及してません。基本的に、作画が少し崩れていてもあまり気にせず、作品の面白さにはさほど影響しないと思っています。しかし、本作は明らかにその許容範囲を超えていて、明らかに作品全体の評価にまで影響を及ぼすレベルになってしまってました。

小説版との比較

既にご存じの方が大半だと思いますが、この作品はプロジェクト・クオリディアというメディアミックス企画の一環として作られたアニメで、その放送開始前後には、アニメのストーリーの前日譚となる複数のラノベが発売されています。この3作は、どれも独特の作風ですごく面白かったのですが、アニメ版はそれらの良さが大幅に減ってしまったんですよね。

例えば、東京編ラノベ『そんな世界は壊してしまえ』における壱弥の歪んだ人類愛の描写とか、カナリアの異常とも言える自己犠牲精神とか、そのような登場人物の尖った部分*1が、アニメ版では完全に丸くなってしまっていて、壱弥とカナリアのコンビが、ただプライドが高くて正義感の強い人と、なんかよく分からんけどそれに付き従って歌ってる人としてしか描かれませんでした。

また、神奈川編ラノベ『いつか世界を救うために』は、ほたるの変態的なストーカー気質や、天河のことを好き過ぎて最早変態と化しているサブキャラクターたちこそが、最大の見所であったのに*2、アニメ版のほたるは単に天河大好きな女の子になってしまっていたし、サブキャラたちの見せ場も全くと言っていいほど有りませんでした。

そして、千葉編ラノベ『どうでもいい 世界なんて』は、妙に達観した内容の主人公・霞のモノローグが実に笑えるのですが*3、そのようなシーンがアニメ版ではあまり見られず、渡航の築いた独特の世界観がほとんど活かされないまま終わってしまいました。

このように、ラノベ版は実力ある作者がそれぞれ特色ある世界を作り上げてそれなりに読み応えのある作品になっていたのに、そこに出てくる登場人物が一同に集まるとそれぞれの特色が相殺され、実にありふれた大して面白くないアニメになってしまったのだ。こんな事なら、ラノベ版をそのままアニメ化した方が余程良かったのに。

まとめ

というわけで、「全編通して作画が酷かった」「小説版の良さを全く活かしきれてない」という2つの残念ポイントのせいで、アニメ版は非常に低い評価にならざるを得ないですね。

これが普通のラノベ原作アニメなら、私もここまで問題にしません。これより作画が酷いアニメなんて腐るほどあるし、総集編を急遽入れてくるアニメだって珍しくない。見たことを後悔するような酷いアニメ作品だってたくさんあります。

でも本作は、人気作家が3人も関わって緻密に世界観やストーリーを練り上げ、放送前から大々的にメディアミックスを展開し、ホームページにも「アニメーションの歴史に名を刻む、究極の三位一体(トリニティ)が動き出す!」とか書いちゃうくらい気合い入れて作ったアニメです。

そこまでしたのに、このクオリティっていうのは、ちょっと恥ずかしすぎやしませんかねえ。厳しい言い方になるけど、本アニメの製作で責任ある立場にいた関係者全員、猛省してほしい。

「オリンピックを中継したらそれと同じ時間だけパラリンピックも中継しなければならない」っていうルールを作るべきでは?

東京オリンピック

オリンピックの時は民放があれだけ大騒ぎしてたのに、パラリンピックになったら完全に冷め切っていて放送すらしていない、と批判している記事がありました。

【甘口辛口】パラリンピックにそっけない民放各局…“消化試合”的な雰囲気をなんとかできないか - その他 - SANSPO.COM(サンスポ)
リオパラリンピックに有働アナを投入したNHKの“本気度” | 日刊ゲンダイDIGITAL

まともに放送しているのはNHKだけで、民法はほとんど話題にも出してないというのは、なんかもう情けなくなりますね。こういう状況を防ぐためにも、東京オリンピックパラリンピックでは、次のようなルールを作っておけば良いんじゃないでしょうか。

それは「オリンピックを放送した放送局は、それと同じ競技のパラリンピックも、同じ時間だけ放送しなければならない」というルールです。例えば、五輪のサッカーの試合を放送した放送局は、同様にパラリンピックのサッカーも放送しなければならない。五輪のテニスを放送した放送局は、同様に車いすテニスも放送しなければならない、みたいなルールです。

そもそも五輪の放送というのは、民放とNHKwikipedia:ジャパンコンソーシアムという枠組みを作り、そこが共同で放映権を買って中継映像の製作まで行い、あとは民放とNHKが話し合いでどれを放送するか決める、という流れになっているようです。その際、一つの放送局が一つの種目を丸ごと担当するのではなく、「〇〇という種目の1日目は放送局Aが担当、2日目はまた別の放送局Bが担当」みたいに日時ごとに割り当てられるようです。

なので話は複雑になるのですが、例えば、サッカーの中継時間が全部で50時間あったとして、そのうち10時間がフジテレビに割り当てられたとしたら、パラリンピックのサッカー種目も同じく10時間放送しなければならない、みたいな感じにしたら良いんじゃないでしょうか。しかも、五輪の方が生放送だったなら、パラリンピックでも生放送にしなければならない(ダイジェスト版などで時間短縮して放送するのは禁止)とすれば良いと思います。

乙武洋匡さんは、ある記事の中で、「パラリンピックを無くしたい」「柔道が体重別に分かれているように、例えば、100メートルを健常の部、義足の部、車いすの部、視覚障害の部などにクラス分けする」という考えを述べられています。この考えに従うなら、「健常の部」は放送するのに「義足の部、車いすの部、視覚障害の部」は放送しないっていう民放の態度はおかしいんじゃないの?って思います。

もし、「パラリンピックの中継は採算が合わないからやりたくない」と民放各社がおっしゃるなら、どうぞ中継をやめてもらって結構です。その代わり、オリンピックの中継も一切認めませんので。「健常の部」だけ放送したいなんて都合の良いこと考えてる放送局は、もうオリンピックに一切関わらないでください、スポーツ中継も二度としなくていいです。どうせ金と視聴率のことしか考えてない放送局が中継なんてしたって、ろくな事にはならないんだから。

もちろん、「そこまでする必要はない」「五輪とパラリンピックを同等に扱う必要はない」という反対意見もあるでしょうし、「この方法だとパラリンピックを嫌々ながら中継してる感じがして良くない」という意見も出てくるでしょう。しかし、東京都も国も、パラリンピックの認知度・注目度をもっと上げていこう!みたいなことを散々言ってきてるわけですよね(少なくとも口先だけは)。であるならば、ちゃんとパラリンピックも中継しろよ、五輪と同じくらいの時間を使って放送しろよ、というルールを作ることも必要なんじゃないですかね。

『聲の形』の西宮結絃きゅんが可愛すぎて生きるのが辛い!

アニメ映画

熊本地震以降の修復工事が先日終わったばかりのTOHOシネマズ光の森で、映画『聲の形』を見てきました。会場は、9割以上の席が埋まっていて、家族連れやら学生グループやらカップルやらがたくさん。そりゃそうだ。今日は営業再開後はじめての土曜日。映画館に行きたくてもなかなか行けなかったカップルたちが、待ってましたとばかりに、この光の森に集っているのだ! 果たしてここは、しがないアラサー男が独りで来て良い場所なんだろうか…。しかし、そんな不安は、映画が始まってしまえば完全に消えてなくなってしまいました。

その代わりに、俺の心はもう、ある登場人物の虜です。漫画で読んだ時も可愛いと思ってたけど、声と動きが加わったことで、その可愛さが倍増している。かわいい、かわいすぎる! 西宮結絃きゅんが可愛すぎて生きるのが辛い!!

結絃きゅんが登場してるシーンは、もうあまりにも可愛すぎて、ずっとニヤニヤしっぱなしですよ! ああもう何この可愛い生き物!? あら不思議、どんなシリアスなシーンでも、結絃きゅんが出てくるだけで、笑顔になれる! 会場も、結絃きゅんが出ているシーンでは、どことなく和やかな雰囲気です。(さすがにこれは気のせい?)

ジャージ&ハーフパンツ姿で、肩からカメラをぶら下げて、ハスキーな悠木碧ボイスのまるで少年のような結絃きゅん。そのつぶらな瞳に、長い前髪がかかっていて、はあもう、可愛いなぁ…

永束と喧嘩して押し倒されてる結絃きゅん、永束と一緒に橋の上の石田と硝子を観察してる結絃きゅん、永束を乱暴に足で蹴ってる結絃きゅん、かわいい…かわいいなぁ…

雨に濡れないようにカメラを隠しながら歩く結絃くん、将也に触られて一瞬だけ「ひゃっ」って声出す結絃くん、公園で寝泊まりしてぶっ倒れてる結絃くん、超かわいいなぁ…

猫カフェのポーチを硝子に渡しに行く時の何故かちょっとテンション高い結絃くん可愛い。硝子から「石田君に好きって言ったけど伝わらなかった」と聞かされた時の「マジで!?」っていう顔の結絃くん可愛い。家でばあちゃんと二人きりで話してる結絃くん可愛い。

そして、ばあちゃんのお葬式の日、橋の下で泣いているセーラー服姿の結絃くん、でも、石田の前では泣き顔を見せずに気丈に振る舞う結絃くん、ほんと可愛い。可愛すぎてぎゅーっと抱き締めてあげたい。

石田の母親に憔悴した声で謝罪する結絃きゅん可愛い。母親と植野が殴り合いやってるのを見て泣いてる結絃きゅん可愛い。泣きながら死骸の写真を剥がす結絃きゅんを見て、観客も号泣です。

あと、やっぱり石田と結絃が会話してるシーンは、どれも凄く良かったですねえ。初登場シーン、雨の日の夜、お葬式の日。特に、石田に初めて「自分は硝子の妹だ」と伝えるシーンと、冬服のセーラー服で石田に勉強を教わりに来るシーンは、本当にもう、可愛すぎて…。いいよ、いいよ~、勉強なら俺が何時間でも、何十時間でも教えてやるぞ~、って叫びたくなります。

映画全体の印象としては、原作漫画にあるような、目を覆って「うわあ」って言いたくなるようなきつい場面&胸糞セリフが、ほぼ半分くらいに薄まっている感じでした(半分でも相当きついけど)。一方で、上で書いたように、結絃きゅんの可愛さは倍増しているので、全体としては、もう完全に「結絃きゅん可愛い!」っていう映画になってました。

もちろん、不満点も無いわけではありません。例えば、硝子と一緒にお風呂に入りながら結絃きゅんが「あいつヤリチンだせ、関わらない方がいいぜ」とか言ってるシーンは、映画版ではカットでした。石田の画像をネットにupしたのがばれて硝子にメチャクチャ怒られて泣きべそかいてる結絃きゅんも、カットでした。永束に無理やり男湯に連れて行かれて気が動転してる結絃きゅんも、カットでした。しかし、それらを差し引いたとしてもなお、結絃きゅんが異次元の可愛さで、もう大満足の出来だったことは言うまでもありません。

そんなわけで、原作を読んで「結絃きゅん大好き!」ってなった人は、是非、見に行ってください。大満足間違いなしの映画となっています。もちろん、本筋のストーリーの方も素晴らしかったので、原作との比較なども踏まえて、いずれまた感想・批評をしたいと思います。

科学技術関連で最近気になった記事など(その2)

科学技術と社会

飛べる生き物

なんで空飛べる生き物って虫か鳥だけなん? > おんJ > まとめ太郎!

この記事を見て気になったので、ちょっと調べてみました。ムササビやトビウオ、植物の花粉のように、風の力で空を滑空したり浮き上がったりするだけの生物はここでは置いといて、羽などを使ってある程度自由に空を飛べる生き物について考えてみたいと思います。ウィキペディアの記事によると、地球上の生物の中で空を飛ぶことのできる系統は、

しかおらず、このうち翼竜は絶滅しているので、現在は3系統しかないということになります。また、昆虫には様々なタイプが存在しますが、それらは全て、カゲロウやトンボといった原始的な羽を持つ昆虫から分岐していったものと考えられています(その過程で、ダニやノミなど、一部の昆虫は羽を退化させた)。

ということは、約40億年前に地球上で生物が誕生してから、進化の過程で飛行能力を獲得したイベントは4回起こったということになります。これを多いと見るか少ないと見るかは議論が分かれますが、個人的には、これだけ多様な生物がいて4回しかないというのは非常に少ないように思います。それだけ、生物にとって大空を飛ぶ能力を獲得するのは難しいのでしょう。

オリンピックにおける性別の定義

キャスター・セメンヤは、オリンピックに出場する (そして優勝する) 資格がある | Silvia Camporesi
女を否定され、競技人生を絶たれたアスリート 性を決めるのは性器かホルモンか?

なんというか、血中テストステロン濃度を理由にしてセメンヤ選手らの大会出場を認めてこなかったIAAFは、公平さを求めるあまりとんでもない袋小路に陥っているように感じます。

X線天文衛星「ひとみ」

税金310億円で「ひとみ」失敗…虫が良すぎるJAXAの後継機要求 | デイリー新潮

う~ん、JAXAが再チャレンジを申請するのは当然のことだし、これを「虫が良すぎる」とか言って批判するのは、ちょっと「はやぶさ」「あかつき」の成功ばかりを見て感覚が麻痺してる人だと思いますよ。もちろん、昔のソ連みたいに衛星をぽんぽん打ち上げることは出来ないし、きちんと失敗の原因を究明すべきだとも思いますが、何が何でも1回のチャンスで成功させるべきなんて思ってるのだとしたら、それこそ「虫が良すぎる」でしょう。

それと、今回の衛星打ち上げは日本だけの問題じゃなく、完全に国際共同プロジェクトになっているということも念頭に入れるべきでしょう。世界中の研究者が注目しているところなので、やはり、なるべく早い段階で「次」を打ち上げるべきかと。

最近読んだ本

ゲノム編集の現状について非常によくまとめられているのでオススメです。CRISPRに関する歴史だけでなく、他のゲノム編集法や応用例、特許論争などについても詳しく書かれているのが良いですね。ただ、私のように既に論文をいくつか読んでる人なら、何が書かれているのかすぐに分かるのですが、まったくの素人がCRISPRの説明を読んで一回で完璧に理解できるかというと、ちょっと微妙かもしれません。CRISPRとは細菌ゲノム中に等間隔で並んでいる回文配列のことである、この回文配列の間にはウィルス由来の配列が挿入されていて云々、と文字だけで説明されて果たして理解できるのかどうか。適切な図表などを入れて説明してあれば、なお良かったかもしれません。

がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF)

がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF)

がん‐4000年の歴史‐ 下 (ハヤカワ文庫NF)

がん‐4000年の歴史‐ 下 (ハヤカワ文庫NF)

以前の記事でも書きましたが、この本、すごくオススメです。がんという怪物と人類との壮絶な闘いの歴史。まさに、事実は小説より奇なりです。

抗がん剤治療をしないという選択

抗がん剤治療に入ります。と主治医に言われました。。。胞状奇胎→掻爬手術→その後|ヒプノバーシング(催眠出産)HypnoBirthing・ライアー(竪琴)and beyond!
②抗がん剤治療に入ります。と主治医に言われました。。。胞状奇胎→掻爬手術→その後|ヒプノバーシング(催眠出産)HypnoBirthing・ライアー(竪琴)and beyond!

う~ん、このブログのコメント欄やらブクマやらで何べんも言われてることですが、どのような治療を選択するかどうかは結局のところ患者本人が決めることですし、それについて他人がとやかく言う必要はないと思います。けど、患者が「子宮を摘出したくない」「死にたくない」と考えているのなら、変な民間療法なんかに頼らずに、最も確率の高い方法を選択するのが賢明だと思うんですけどね(患者が「別に長生きしたくない」と言うのなら話は別)。

上で紹介した『がん 4000年の歴史』を読めば分かることですが、抗がん剤治療の歴史は失敗の連続と言って過言じゃありません。多かれ少なかれ副作用はあるだろうし、服用すれば100%完治できるという保証もない。けれども、がん治療の長い歴史の中で、あらゆる治療法がふるいにかけられ、効果のない手法が淘汰され、効率良くがんを治せる手法だけが生き残る、ということを繰り返してきて今の治療法があるわけですよね。だからこそ、自分がもしがんになったとしたら、効果のはっきりしない民間療法なんかより、長い歴史の積み重ねの方に命を預けたいと思いますけどね。

航空科学博物館のジャンク市

9月10日に、航空科学博物館で開催されたジャンク市で旅客機模型を買ってきました。6個合わせて8500円くらい。それを組み立てたのがこちら。

f:id:kyuusyuuzinn:20160915211450p:plain

航空会社と機種は以下の通りです。

築地市場の移転問題

結局この問題は、盛り土をするっていう約束だったのに独断でそれをやらないと決めた奴らが一番悪いのは言うまでもないことなんですが……。う~ん……。

  1. 汚染土壌の除去作業で除去しきれなかった有害物質の割合
  2. それらの有害物質が地下水に溶け出して流動的になる確率
  3. その地下水が盛り土やコンクリをすり抜けて地表に出てくる確率
  4. 地表に出てきた地下水が食品などと接触する確率
  5. 食品中の有害物質が人体に健康被害をもたらす確率

こういった何重もの希釈・遮断をすり抜けて健康被害が発生する確率なんて、相当低いんじゃないかと思うんですけどね。建物もほぼ完成しているこの状況で移転の白紙撤回なんてことは不可能に近いので、遅かれ早かれ豊洲に移転することは確定だと思いますけど、まあ納得いくまで調査してみれば良いと思います(建物の地下にアルカリ性の水が溜まってるなんて報道もあるので、徹底的に調べてみたらいいと思います)。個人的に東京五輪は返上すべきという考えなので、「道路工事が五輪に間に合わなくなる」なんて反対意見は心の底からどうでもいいので。

もんじゅ廃炉

もんじゅ廃炉の可能性も、核燃料サイクル岐路 News i - TBSの動画ニュースサイト

この問題はまだ情報が錯綜しててどうなるか分かりませんが、ひとまず廃炉という方向で話が進みそうなので良かったと思います。福井県知事も存続を要望するんじゃなくて、廃炉までの30年の間にもんじゅ以外の地域振興策を考え出す方がよほど前向きだと思うんですけどねぇ。これで本当に廃炉なんてことになったら、各地の原発においてある燃料はどうなるんだって話になるし、何より六ヶ所村もマジギレ状態になると思うので、これからが正念場ですね。

ノーベル賞予想

今年もやります!2016年どうなる?ノーベル賞! | 科学コミュニケーターブログ

ここは毎年ノーベル賞受賞者の予想をしているんですが、今年もやっているようです。まあ当たるかどうかは置いとくとしても、色んな分野の発見・発明について分かりやすく解説されているので、見て損はないと思います。